引越し 冷蔵庫 前準備

引越しと冷蔵庫の前準備

引越し 冷蔵庫 準備

 

どこの家庭にもある冷蔵庫ですが、冷蔵庫を運搬する前はいくつか準備が必要です。

 

冷蔵庫の前準備の手順

 

1:引越しの前日までに中身を食べきるか処分して空っぽにしておく。
2:最低でも運ぶ10時間前に電源を切る。
3:霜が溶けると大量の水が水受け皿に溜まるので、捨てておく。

 

当然ですが中身は出して空っぽにしてください。電源を入れたまま運ぶことができませんので中のものは傷みますし、中に物が残ったままだとガサガサと音がきになっていまいます。
運搬前にかならず空っぽにしてくださいね。

 

そしてもし自宅に養生テープがある場合は、運搬の冷蔵庫が開かないようにしておくと便利です。

 

冷蔵庫の電源は運搬の前日までには切っておきましょう。
すると冷凍庫から霜が溶けて水がたくさん出ますので、それを捨てておく必要があります。これを忘れると運搬の際に床が濡れて悲惨です。

 

昔から冷蔵庫は横に倒して運んではいけないと言われています。

 

冷蔵庫はモーター部分に冷却用の液体使われているのですが、それが配管に流れ込んでしまうと故障の原因になるからです。
なので冷蔵庫を横にして長時間置いておくのは避けておいたほうがいいです。

 

しかし日本の住宅の中には狭い箇所があることを考えると、全く横にしなで運ぶのも難しいですね。
その場合は横倒しにします。

 

冷蔵庫を横にしたら必ず壊れるというわけではないですが、高価ですから用心しましょうということですね。

 

ところで新居に運び入れた冷蔵庫の電源はすぐにオンにしないでください。
モーター内部の潤滑油が落ち着くまで、数時間は可動させないほうがいいそうです。